ホーム > 採用情報 > 先輩からのメッセージ(新卒)

先輩からのメッセージ

英揮情報システムには、豊富な知識と経験を持った先輩がたくさんいます。
しかし、はじめからプロだったわけではなく、さまざまなチャレンジを通してスキルアップしてきたのです。
特に、文科系出身者も心配は無用。理系・文系に関わらず、論理的思考ができればSEやプログラマーになれます。
あなたもチャレンジ精神を持って、スペシャリストを目指しませんか。
以下にいくつかの先輩の声を紹介します。

 
● 09年 新卒入社 第2システム開発部 32歳 男
 
新卒採用で入社し、今年で六年目となりました。
私は文系大学を卒業し、システムに関する知識はほとんどない状態で入社しました。入社後の研修期間、そして実務に配属され、始めはわからないことばかりで右往左往しましたが、自分で調べ、先輩方に教えて頂き、一歩ずつ着実に知識を深めていくことができました。
現在は資産運用会社の駐在SEとして、勤務しております。運用・保守・開発を行い、システム知識の他、業務知識も求められるため、まだまだ勉強の毎日ですが、とてもやりがいのある仕事だと感じております。
● 12年 新卒入社 第1システム開発部 27歳 女
 

現在、Androidアプリの開発を行っています。 Androidアプリ、と聞くとなにやら難しく聞こえるかもしれませんが、プログラムを勉強するほとんどの人が最初に取り組むことになる 「Java」という言語で出来ています。もちろん、最初から難しい事が出来るわけではありませんが、自ら学び 経験を積んでいけば、どんどん色々な物が作れるようになります。

私もまだまだ経験が足りていません。これから更に勉強し、経験を積むことで技術力を高め、今よりもっと お客様に喜んでいただけるアプリやシステムを作っていきたいです。

 
 
● 09年 新卒入社 第1システム開発部 31歳 男
 
私は、お客様がシステム化を求めるにあたっての目的や課題を整理するためのお手伝いをしています。具体的には、実際にお客様が行っている事務手続きの整理と、ビジネス目標を実現させるため
の事務手続きの整理を行う事により、システム化に必要な業務側の要件定義を洗い出す支援をしています。
今の仕事は、業務全体を俯瞰できるという点において非常に貴重な経験であり、ここで多くの経験を積むことが『業務を理解できるSE』として、多いに活躍を期待される存在に繋がるものと日々取組んでいます。
● 09年 新卒入社 第2システム開発部 31歳 男
 

現在はサブプロジェクトリーダーという立場で責任のある仕事をすることが できています。設計書や人の指示通りにプログラミングをするだけでなく、その設計書は本当に正しいのか? という視点で物事をとらえ、プロジェクトを 円滑に進めることを日々意識しながら仕事をしています。

また、新人の頃からこれまでの間で、短期のプロジェクトから数年かかるよ うな大きなプロジェクトまで、様々な種類の仕事を経験することができたことは、今後の仕事に生かせていると思います。

 
 
実務をこなす中で広がる視野
新人研修では、まず仕事の内容や流れを教わります。大体のことは理解できますが、イメージしづらい部分もあります。ただし、先輩のサポートを受けながら業務を行っていく中で、「あ、これのことか」とスムーズに理解を深めることができるので安心です。実際に現場に立てば、仕事の流れや自分のポジション、周囲の状況が見えてくるようになります。さまざまなことを自分で判断するプロとしての自信が、だんだん身についていきます。

エントリーはこちらから承ります。

エントリーフォームへ