ホーム > EISについて > 私たちの使命

私たちの使命

人材の可能性とニーズをつなぎ 人間性と先端技術による顧客満足を実現

英揮情報システムが、現在までしっかりとした足取りで成長を続け、存在している理由―それは、「人材が持つ資源」と「お客様ニーズ」をつなぐという「ビジネスの本質」そのものが存在しているからです。あまりにも当たり前でシンプルがゆえに、見逃してしまいそうなこの原理原則。しかし、それこそが英揮情報システムの存在意義なのです。
この存在意義を基盤に、これからも安定した経営を続けるとともに、成長の核として「人間性」と「先端技術」を位置づけてまいります。
  私たちの使命
人財  
「財」という文字を使う背景には、
「人こそ英揮情報システムの財産」
「人はそれぞれに可能性という財を持つ存在」
「人が持つ財がさまざまなニーズに応える原点」
…など、英揮情報システムならではの独自の「人」のあり方に対する思いが込められています。
気配りを重視したシステム会社  
気配りを重視したシステム会社
英揮情報システムにおける営業とは、いわゆる一般的にイメージされる営業という言葉のイメージではありません。本来の人間が生きるための活動そのものというイメージがあり、人間が人間のためにお役に立つというイメージなのです。つまり、経営そのものとも言い換えることさえできるのです。
この人間が人間しく人間のためにお役に立つイメージを一言で表現したのが「気配り」という言葉です。「気配り」は、上記の意味を理解したときに、英揮情報システムに関わる人たちに勇気と確信を与えるビジネスマインドの原点となる言葉となるのです。
あらゆる機会を活かし主体的に最新の技術と情報をキャッチ  
あらゆる機会を活かし主体的に最新の技術と情報をキャッチ
英揮情報システムが、現在までしっかりとした足取りで成長を続け、存在している英揮情報システムの成長の種は、いつも何気ない人との出会いが始まりでした。さまざまな人や社会との出会いが積み上げてきたわが社の長い成長の歴史の原点なのです。当たり前のように感じるこの事実をあえて意識的にとらえるところに英揮情報システムらしさがあるのです。
自分や自社がよりよくなるために必要な情報は、特別な場所にあるのではなく、身の回りの日常の中にあるということを英揮情報システムは証明してきました。この成長法則は、これからも変わらず普遍的な原理原則です。あらゆる機会を活かそうとする主体的な生き方や姿勢で、最新の技術や情報やニーズをキャッチする会社を目指してまいります。
私たちの価値観
  • よくある質問

お問い合わせ 下線

ITソリューションのことについてお困りのことありませんか?

TEL 03-3455-3833

FAX 03-3455-3835

営業時間 9:00~17:00

WEBサイトから問い合わせる